2021/02/18 02:40



弊社では、水産加工販売のほかに、
「佐良屋(さらや)」という名前のお弁当やさんもひらいています。

人気メニューは「日替わりおさかな弁当(¥700)」。
千葉県産の魚を使用し、副菜の一部に自家製のぬか漬けを添えています。

ぬか床は祖母が居酒屋を営んでいた頃に分けてもらったもので、
昆布をいれたり、ぬかを炒って香ばしさを加えたりと
より味わい深いぬか漬けを保てるよう日々研究しています。

いつもお惣菜を納品させてもらっている
タカヨシ興津店さんにて、新鮮な青皮紅心大根(あおかわこうしんだいこん)
手に入れたので、早速ぬかに漬けてみました。
皮は剥かず、四等分に切ったらそのままイン。



翌日取り出すと
ぬかは、なすやビーツほど赤くならず、ほんのりピンク色に。

見た目は派手ですが、大根なのでぼりぼりと親しみのある食感...!
お弁当も彩り豊かになりました。



毎日かき混ぜたりとなにかとケアを心がけているぬか床ですが
かつおぶしを加えると、ぬか漬けを噛むほどに味の奥行きがうまれ、一層美味しくなります。

いつものぬかに、かつおぶしをパラパラと適量ふりかけよくかきまぜる。
簡単で、おすすめです。



弊社のかつおぶしはパウチ付きなので、

保管に便利・鮮度長持ち

昨今、冷蔵庫で簡単発酵できたりとぬか漬けは身近な存在になったと感じます。
ご家庭でぬか床をお持ちの方は、ぜひ一度お試しください☺️


ここまでお読みくださり、
ありがとうございました 𓅼